2006 April.

朝日

GW初日、絶好の行楽日和となった。で、とりあえず紋別へ向った。岩尾内ダムを過ぎた辺りでちょっと車を停め外へ、湖にはまだ氷が張っていた。

岩尾内湖

滝上

滝の上の道の駅でトイレ休憩。みやげ物売り場を漁っていると妙に私の心を惹きつけるものが。。それは木の根っこをスライスして磨いた工芸品。でもこういうのってどれも値が張るのだ。手にとって眺めるだけにしようと思っていたら、えっ!300円?切れっぱしのような大きさで安いのがあるではないか。

滝の上土産


という訳で購入。なんだか幸先がいいぞ。画像は帰宅後写したもの。

紋別

紋別へ着くとまずは腹ごしらえ。せっかくだから蟹でも食べようかと思ったが、無難な食事をしようということでポスフール(旧サティ)のとんかつ屋さんで済ませた。そして、いつもNHKのカメラを通してみている映像を求め紋別公園の展望台へ向った。途中、ポスフールから展望台まで市街地を走っているとタダの都市と言う感じ。展望台の気温は7℃とちょっと肌寒かったが、雲一つない快晴で絶好の見晴らしだった。

紋別公園


坂が多い港町で、小樽と似ているような感じもするが雰囲気は留萌に似ているかなぁ。でも、海の色が違うかもしれない。オホーツクブルーとはこの色のことを言うのだろうか。

次に向ったのはオホーツクタワー。海に突き出たタワーは未来少年コナンで描かれていた建物を彷彿とさせる。と私は思う。

オホーツク展望台


しかし、入場料800円というのは入場するのを躊躇してしまう。あのタワーに登って眺める景色と同じものが今、目の前に広がっていると思ったらお金がもったいなくなった。

でもホント良く晴れていて、遥か遠くに雪をかぶった真白い山並みが薄っすらと見える。大きな島があるように見えるのだが国後や択捉なのだろうか。。。こういうところには地図が描かれた鉄板があるはずと思って探したらそれらしきものが・・・「魚釣り禁止」って書いてあるだけでした。残念。

タワーの手前で埠頭を引き返そうとしたところの看板に「階段の下にゴマちゃんがいるよ」と書いてあったので、胡散臭いと思いながら岸壁の下へと階段を降りた。なんと本物のゴマフアザラシが2匹いるではないか!

ゴマ1


しかも妙に人慣れしているようだ。お利口さんにしていたので背中を撫でてあげました。ほとんど態度が犬同然だ。近寄ってきた子供の頬を舐めていた。多分、訓練されているのだとは思うけど。

ゴマ2


せっかくなのでガリンコ号の写真も1枚。船体前部にチラッと見えているが大きなドリルのようなものをグルグルと回しながら進んでいる。きっとあれで流氷を粉砕するに違いない。

ガリンコ号

興部

地元の水産加工会社の蒲鉾を買って帰路についた。途中、興部の道の駅に寄ると、綺麗な緑色に塗り直された列車が展示されていた。

興部駅

10数年前までここは鉄道が走っていたその記念なのだろう。売店でおこっぺ牛乳を1本買って、その場で飲んでいると、目線の先の遠くの方に何やらクルクルと回るものが。

風力発電

やっと見つけた風力発電。かろうじてノルマ達成!これで帰ることができる。名寄で夕食を済ませて帰った。夕食は・・・クルクル回る回転寿司でした。