2006 May  G.W.

1年ぶりの増毛観光へ。旭川を出発し深川妹背牛を抜け峠を越えてしばらくすると、おぉー。目の前に日本海が広がった。内陸でしか暮らしたことがないせいだろうか、海を見る度に感動する。

海岸を5分も走ると増毛の市街地へ。まずは駅を目指した。途中すごく古くて立派な小学校があったが、北海道遺産にも登録された増毛小学校だった。120年以上も経つがまだ現役で使われている校舎らしい。

増毛駅


増毛駅には本格的なカメラを抱えた人たちが何人もいた。確かGW中はノロッコ号だとかSLすずらん号だとかが運行されるので、それが目当てなのだろう。観光客で賑わう駅舎の中のそば屋を横目に、私は駅前の寿司屋へ入った。12時ちょっと前だったが客は誰もいなくて、座敷に上がると大きな大漁旗が飾られていた。

大漁旗


ちらし寿司とえびの細巻を注文。増毛といえばやっぱりえびでしょう。でも、えびののり巻なんて今まで食べたことない。寿司がでてくるのを待っている間に座敷のテーブルは全て客で埋り、カウンターにも客が4人座っていた。大漁旗の横の張り紙の「ハタハタから揚げ定食10食限定」という文字を見て、「これも食べてみたいなぁ」なんて思っていると、寿司がテーブルへ運ばれてきた。

生ちらし


美味そう!!甘エビ、ツブ、ホタテ、ホッキ、カニ、蛸、イカ、ウニ、カレイ、イクラ、しめ鯖、玉子、サーモン、マグロ・・・エビの頭の入った味噌汁が付いて1600円。美味かったよー。えびの細巻もわさびがきつめで美味かった。食事を終えて外へ出ると駅前通りの大きな古びた建物が目に入ってきた。

富田屋


富田屋という宿と風待食堂。映画「駅」のロケでも使われていたらしい。高倉健さんがここに来ていたんだよねぇ。

「増毛に来て、ここは絶対に外せない。」というのは私だけではないはずだ。日本最北の酒蔵をうたう国稀酒造。たぶん旭川の男山酒蔵より若干北にあるのだろう。国稀といえば、何も増毛まで来なくても旭川やその周辺の酒屋で大量に売られているのだけど。とにかく酒蔵は楽しい。

古臭い建物に風情を感じるし、酒蔵周辺の町並みも歴史の臭いがしてくるのだ。観光を意識して整備されてしまっているため、マニアには物足りない気もするが。。

暖簾


建物の中も古い感じをのこしていて、黒地の格好良い暖簾が下がっていたり、窓には格子がはめられていたり。酒蔵への通路ではお酒や酒饅頭、猪口、枡などの販売をしていてたくさんの客で賑わっていた。

通路


さらに奥へ進むと、最終目的地の試飲コーナーがある。入り口付近の酒の直売に満足して帰ってしまったら、まさに仁和寺にある法師。この試飲コーナーまで行かなくて、何をしにきたのか。

試飲


あぁぁぁしかし、「飲むなら乗るな、乗るなら飲むな」ということで、私には拷問だった。泣く泣く甘酒だけ飲んで後にした。ちなみに甘酒は試飲をした後にした方が良いとのこと。先に甘酒を飲んでしまうと、どれも辛く感じてしまうらしい。

増毛といえば"えび"だ。今月の下旬には「えび祭り」があるくらいだ。最近、エビカレーなんてものも売り出したらしい。駅前では国稀の試飲と甘えびの刺身が振舞われ、商工会議所の前では甘えびの酒蒸が販売されていた。

ぼたんえび


そういう訳でエビを求めてスーパーに入った。甘えびを寿司屋で食べたばかりだったので増毛産ぼたん海老を購入。味は・・・それ程でもなかったが、雰囲気を味わえたから良しとしよう。

国稀袋


ついうっかり観光土産用の袋を買ってしまった。袋の中味は近所の酒屋でも売っている最も手軽なお酒の1合瓶が2本。実家に同じようなもっと大きな本物の袋がいくつかあって商売に使っていたなぁ。地元の造り酒屋や醤油屋からもらったものだったっけ。

国稀升


8勺枡も購入。檜のいい匂いがする。以前サティーの日用品売り場で買った杉の1合枡は500円もしていたが、これは280円(たぶん)だった。国稀の焼印も入っていて、こっちの方が断然いい。

国稀饅頭


酒饅頭。酒の匂いがぷんぷん。酒を食っているみたい。あんこが灰色しているけど、一体、どんな材料を使っているのだろう。6個入り500円。

去年増毛に行ったときから気になっていた蒲鉾を購入。国稀酒造のすぐそばにコンテナ型の店舗を構えていて、注文を受けてから揚げている。エビ、タコ、ホタテの3種類あって1枚350円はちょっと高いよなぁ。でも、せっかくなので買って帰った。

蒲鉾


値段なりに美味いと思った。私個人としては帯広や旭川のポスフールに入っている豆腐屋の豆腐蒲鉾の方が好きかな。パッケージを良く見ると「留萌名産??」って、増毛の業者じゃないのかい。まいっか、今回は留萌も観光ルートの一つだったし。

留萌の千望台という高台があって留萌の街を一望できる。

留萌千望


天気に恵まれ、港の方まで良く見えた。高台には留萌開墾の祖『五十嵐億太郎』なる人物の大きな像がやたらと存在感を醸し出していた。展望台の横にはロッジ風の喫茶店があって、祝日の今日は繁盛しているようだった。


千望台



遠くを見ていると、おぉ!ありました風力発電。

留萌風力発電


いやぁー良かった。これで帰れる。