第4回道東マンドリンフェスティバル(2006.9.23 帯広)でのデュオ

ゼンヤ君とのアンサンブルは3年前の夏、札幌でのクラTの小編成コンサートに始まる。そのときの五重奏が思いがけず楽しかったのがきっかけで続いているのかもしれない。その後、主にデュオで、くったり温泉湯上りコンサート」を3度と、札幌でのイド・秋桜コンサートに続き、今回の道東MFでのステージ。

今回のマンドリンとギターによるバルトークのルーマニア民族舞曲は比較的ノーマルな選曲だったと思う。実は、このデュオではこのようなホールでの演奏は今回が初めて。

小編成ステージ2組目の出演で、客席が充分に暖まらないうちに演奏する緊張感。それに帯広のマンドリンコンサートのステージで、果たしてバルトークが受けるかということを考えると、ただ演奏するだけでは退屈に聴こえるかもしれない。しかし、良い曲であることに疑いはないので、その良さを如何に客席に伝えるかということ。要は、技術力・表現力が客席のレスポンスにそのまま表れてしまうのだ。パラパラの義理拍手というのは避けたいと思った。

演奏の自己採点は60点くらいだったけど、幸い客席との気持ちのコラボ度はそれよりは良かったように感じた。演奏終了時の拍手は、レスポンス、ボリュームとも演奏前のそれを上回って体感できたのでとりあえずほっとした。

第一楽章を順調に弾けた時点で、もう半分達成できたような、肩の荷が少し降りたような感じだった。自分としては、この曲は、第一楽章が勝負。ここが不満足に終わったら、後で挽回のしようがない。個人練習にも合奏練習にも最も時間を割いた。

今回は運営の方で余裕のない立場だったものの、リハーサルから何となく楽しむことができた。東京と北海道という遠距離のデュオである故、合奏練習は僅かな時間しかとれない訳だが、個人練習の時間は比較的多くとれたのが良かった。

技術的にはいっぱいいっぱいだったが、精神的な余裕を持てて客席と一緒に演奏を楽しむことができた。