まんどりん大ぢ典

クーレ奏法

 マンドリンの奏法で、1つ上の弦へ音が移るとき、通常はピックを動かす方向を切り返して弦をはじくが、左手の指はあらかじめ弦を押さえておき、切り返すことなく一気に、かつ滑らかにピックを下方向へ弾き下ろして音を推移させる奏法。スラーを表現する場合に使うこともある。滑走アルペジョと似ているが区別される。

目次へ 前へ 次へ