マンドリン・オーケストラ ムジカ・クラシカ“T”第8回演奏会

2006826日(土)  札幌サンプラザホール

 まだまだ残暑とは言えないような暑い中、演奏会に出演してきました。今回は2ndマンドリンで出演。上手くいかないときのストレスが他のパートとはちょっと違ったような。原因が自分にあろうが他人にあろうが上手くいかなかったときの「いったい自分は何をやっているの?」という虚しさは格別でした。

 今回の目玉は、シンフォニックダンスです。相当手強かったけど、マジで楽しい曲です。「あと1週間早くこのレベルに達していれば、もっと完成度上げられたなぁ。」という、いつもの感想になってしまいました。

 失われた都はよくある静一物の演奏と比べると、ややリズム感を出した上品な演奏で、私には3回目だったせいもあって好みに合った演奏でした。静一通にしたら物足りなかったかもしれません。

 1部メインのファルボのスペインは、溜め息物・・・というのは大袈裟かもしれませんが、ホント弾けてよかったと思いました。ナンなんでしょうね第1楽章の、あのスペインの中へ引き込まれてしまうアレって?

 
演奏会にお越しくださった皆様。ありがとうございました。しかも、こんなにも戴き物をしてしまって。

 ではプログラムの紹介です。

第 1 部

  歌劇「劇場支配人」序曲           (W.A.モーツァルト/G.F.ポーリ)

 2つのマンドリンのための協奏曲       (A.ヴィヴァルディ/平佐 修)

    T:Allegro U:Andante  V:Allegro

 組曲「スペイン」              (S.ファルボ)

  T:Serenata Castigliana U−V:Jota e Canzone  W:Bolero

  

第 2 部

 「ウエストサイドストーリー」よりシンフォニックダンス (L.バーンスタイン/内藤正彦)

. 交響詩「失われた都」                (鈴木 静一)

(礼奏)

  音楽絵画「市場にて」                (N.ブゥダーシキン/ 帰山 栄治)